CMSのソースは嫌いだ




なぜワードプレスで作らないか?

私はCMS黎明期からCMSを触っている為基本的にCMSから吐き出されるソースを信用してないからです。
次にアフィリエイトといえばブログといえばワードプレスというネットの環境が危険と感じているから(このブログはワードプレスですがこれで稼ぐ気は無い)。

なぜ危険と感じているか?

CMSというのはその特性上どうしてもCMS独自の灰汁がソースに出ます。googleがその灰汁からCMSと読み取って「なんかワードプレス(CMSサイト)ばっかだな、せや!ワードプレスサイトの順位下げたろ!」ってなることは普通にありえます。

googleは気まぐれで信用できない(断言)

googleは検索順位をユーザーが良いと思う形(笑)にどんどんチューニングしています。
大昔「被リンクの多いサイトはみんなが見たいサイトって事!ページランク付けて評価したろ!」
って事でした。
2011年頃のSEOの本を読めばわかりますが当時は「サイトを作ったら無料ブログを量産してそこから被リンクを付ける(衛星サイトという考え方)」とか「被リンクを量産するサイトに登録して自動被リンク稼ぎを行う」なんて今では真っ黒な手法が正攻法でした。
そんな手法で上げたサイトを一網打尽にするアップデートをして自慢のページランク制度を無かった事にしました。
正攻法がいきなり最悪の手法に変わる表裏一体なSEO環境という状態は5年以上前から何一つ変わっていません。しかし、ハードコーディングであれば灰汁は出ないし綺麗なソースでサイトを作れます。

ただの予想

私はユーザーの為のチューニング(笑)という正義の旗を掲げてCMSサイトを一網打尽にすると私は予言します。
安全対策としてハードコーディングでアフィリエイトサイトを作ります。これがもっとも安心してサイトを作れるgoogleを無視した正攻法だと考えます。